FC2ブログ
バリウムその後
2006年09月29日 (金) | 編集 |
翌日、朝一で検診の受付のおじさんのところに行って

「バリウムでませんっっ」
って訴えました。

(健康診断は社員が多いので2日間行われているのです)
すぐにX線検査の先生に連絡をとってもらったら検診車にすぐ来なさいとのこと。
行くと昨日の 若造 先生ではない!!
顔は全然ちがうけど雰囲気は田村正和の渋い先生でした。

「うーーん、困ったねぇ」

(親指はあごの下、眉間にしわ・・・キャーーー渋いわっ)
手がすいたらレントゲンでおなかを見てあげますから とりあえずこれ飲んで・・・

昨日散々のんだ例の下剤を二粒飲まされました。

とりあえず様子を見ましょうね・・・・とのこと。

職場の皆さんは ちゃんとお出ましになった・・とのこと。

な・なんで私だけ??

伝説の白いうんちゃまああああ!!!

ドウカアラワレテクダサイ

結局なんら進展もなく
お昼前に検診車に乗り込みました。
(顔は違うけど)雰囲気タムラマサカズ先生が
早速私のおなかをX線で見てくださいました。

すると先生がこういったのです。

「・・なっ、長い」

と。

ええええーーーー???
一体、一体私の何が そんなに長いのですかあーーーー????(動揺!)
タムラマサカズは「証拠の写真を撮らせてくださいね」・・・と、つかさず撮影。

な・な・な・なんなんですか??(パニック!!)

そしてタムラマサカズは紙とペンをもって私のところにやってきました。

「あなたの腸は人よりも長いです」

そう言って 普通の人の腸の図を まず書いて
その横に私の腸の図を書きました。

200609211524000.jpg





「あなたはこの赤い部分が長く、しかもその腸自身の重さで
腸が下にびろーーんと垂れ下がっていますね。
バリウムは今この垂れている腸のところにいました」
とのこと。

知らなかったーーーー
私って人より腸が長いんだあ・・・。
人より多く持っているって ちょっと得した気分!?


「次の塊がすぐ出口まできてますので バリウムはその次に出ます。
強力な下剤を出しますから今日中に出しちゃいましょう・・・
大丈夫 必ずでますから。
まあ4、5日かかるかもしれませんが・・」


っておーーーい!!4、5日??

嫌です!!今日中に出したいですっっ。

結局
その場で液体の下剤(タムラ曰く即効性下剤)を飲まされて
おみやげ(爆)に
例の下剤を二回分。
3時と6時に飲みなさい・・・と渡されました。
水分をとることと消化の良いものを食べるように・・・と。

ふと思いました・・・
一日にこんなに下剤飲んで大丈夫???と。


200609211357000.jpg

スポンサーサイト



初バリウム
2006年09月25日 (月) | 編集 |
まずは 前回のブログで
こみあげるゲップ とか 食事中の方にはごめんなさい的な
文章を書いたこと・・・お詫びいたします。
が、しかーーし!!
今回はそれ以上に ゴメンナサイなので・・・・
食事中の方
気分が悪い方
刺青のある方(なんでやねん)
18歳未満の方(嘘)
・・・は 見ないでください(爆)

バリウムを飲んだ、その日の夜には
それはもう、見たこともないような
キラキラした白いうんちゃまが
お出ましになる・・・・
という「バリウム伝説」を
信じてやまない私でした。

職場の人に話すと一笑にふされてしまい
しかも今のバリウムの中には既に下剤が入っているので
一時間もしたらさぁーーーーっとでちゃうから。
とのこと。
むううう・・・
じゃあ下剤を飲むこともなく、感動することもなく
たんたんとバリちゃんは出て行くのね・・・
なんて、せちがらい世の中・・・。

そうこうしているうちに一人二人と洗面所に旅立っていかれます。

そして遂に私の番!!
下腹に軽い合図を覚え・・・・
携帯を片手に旅立とうとする私にAさんが
「なんで携帯なんか?
は・・・もしかしてmieさんっ!!!
そんな純白の伝説のうんちゃまなんて出ないから止めなさい」
と・・・。

ちっ!シャメを撮ろうとした私の行動がバレバレでした(笑

撮影は断念して(マニアかっ!←タカアンドトシ風ツッコミ)
ことを済ませたのですが・・・

いくら伝説のそれはお出ましにならない・・・としても
私のそれは いたってノーマルなソレ。

急に不安になった私は
迷惑がられながらも(爆)
どんなソレがお出ましになったのかを皆んなに聞いて回った。

(さすがに個人情報!?なのでここには書けません)

・・・結果。
mieさんのは昨日でるべきソレでしょう。
バリ混入物は次の便(びん)で来るよ・・・とのこと。
一刻も早く出した方がよいから早めに下剤を飲みなさい・・・と言われ
すぐに二粒飲みました。
もしもの時のために・・・と
Aさんは自分の下剤を私にくださいました。
ありがとうAさんっっ!!

はやく次の列車が来ないかな~??
と ドキワクしながら仕事をしていました。
でも 待てど暮らせど次の列車は来ません。
とりあえず帰宅して夕食後にも二粒飲んで見ました。
途中おなかが きゅうん とするものの
列車来る気配なし。
用も無いのに洗面所に行ってみれど
無反応な私のおなか・・・。
一度 本当に小さな・・・まるでウサギのソレのようなものが
お出ましになりましたが・・・それっきりウンともスンとも・・・。
とうとうプラットホームの電気も消えていきました・・・。 

なんてしょぼい最終列車・・・。

急行は永遠に来ないのかも・・・・。

泣きそうになりながら眠りに着きました。

つづく


2006年09月21日 (木) | 編集 |
白くて・・・

とても不味い・・・

こんなのとても飲めない・・・

でも飲まなきゃ・・・・

ごくごくごく・・・

うーーーーやっぱ 不味いよ~~

この歳にして私も遂に『初体験』しちゃいました・・・!!

『 バ ☆ リ ☆ ウ ☆ ム 』

会社の健康診断が行われ
【硫酸バリウム製剤による胃のX線検査】なるものを初体験しちゃったわけです。

あんなもの飲めたもんじゃないよ・・・
 (そんなの飲みたくないよ!!)
ゲップしちゃ駄目だからね・・・
 (ゲップしたら一から飲みなおし??) 
一気に飲むんだよ・・・
 (そんな・・・ビールならまだしもっ!!)
飲んだ後 ぐるぐる回されるよ!?・・・
 (なんなんだ~それはっ)

そんなドキワク不安の中、
検診車に乗り込みました。
検診着に着替えて最初渡されたものは
白いつぶつぶの入った小さな容器と水。

「なあんだ!これがバリウムですかあ~」って言ったら
看護士さんが
「これは胃を膨らませる発泡剤ですよ、バリウムはこれ」
って・・・・
手渡されたものはコーラのMサイズくらいの紙コップ!!!
そこに半分くらい 真っ白い液体が・・・。

こっ・・・これが バリウム。

「はあい~頑張って全部飲んでくださいねぇ~あ、ゲップしないでね」(笑顔)

って・・・もうゲップしそうなんですけど・・・。

初めて飲んだそれは
酸味のないカルピスの原液!?
意味のないこの甘さが憎い・・・ヽ(`Д´#)ノ。
どうせ味をつけるのならビール味とかワイン味とかにしてよ。
聞くところによると
バナナ味 
とか
いちご味
とか
チョコレート味
とかあるんじゃあ・・・・
でも今日は選択の余地なくカルピス原液味。

とても一気飲みは出来ませんでした。(>ω<)

それでもなんとか
こみ上げるものと戦いながら
飲み干したとたん
台の上に立たされて・・・
立たされたと思った途端、台が移動・・・

「はいその場で二回転してください」

・・・は?Σ(゚ロ゚;)

一瞬 でんぐり返しをするの???と思ってしまった私は
泣きそうな顔をしていたら

「はい、左を向いて そのまま横に ごろんごろん してくださいねぇ~」
突然 口調を変えた先生、推定年齢20代後半♂・・・。

『小学生じゃないわよーーーームキョーーーー』

でも
「左を向いて~」って言われて右を向き
「あれ?そっちは右だよ~」って言われ

「横を向いて~」って言われて顔だけ横向いたら
「体も全部向こうね~」って言われて・・・。

完全子ども扱い!!

しかも先生は確実に年下と思われ(爆)



「はい、次は腹ばいになって、顔は左向いて~右のお尻だけ突き上げて~」

その間も回り続ける台。
こみ上げるバリウム・・・
方向感覚も麻痺・・・
そして変な体制!!
もう・・・カンベンしてください(涙

最後には横の方から
ぶーーーーーんって棒がでてきて
な・・何??
って思ったら今度はその棒が角度を変えて
私のおなかに向かって
ぶーーーーーんって!!!
そしておなかを押す押す!!!
ぐりっぐりっぐりっ!!!

なんかこんなシーン映画で見たことある。
未知の世界のエイリアンかなんかに
地球人がさらわれて
ふっと我に返ると
診療台に縛りつけられてて
へんな機械っぽい手が伸びてきて

 ギャーーーーーーーーーー(`(`(`(`ヽ(`Д´)ノ

とかいうシーン。

きっとそうだ・・・
私はエイリアンに拉致られたんだわ・・・
放心状態の私は
なすすべもなく機械にされるがまま。

ぶーーーん、ぐりっぐりっ。
ぶーーーん、ぐりっぐりっ。
ぐこん ぐこん(回る台)
ぶーーーん、ぐりっぐりっ。

えーーーーん 気持ち悪いよーーーーーん


「はあい~お疲れ様でした~」

とっさに
「も・・もうゲップしていいですか?」
・・・と言ったと同時にゲップ三連発!!!

そして看護士さんは私に下剤を手渡しました。

「4時までにお通じがなければ飲んでくださいね」・・・と。


「あーーー終わった終わった」

胸をなでおろしていた私は
これから起こる大変な事態のことなど微塵も
知る由がなかったのです・・・。

つづく。
今期初のエギングに行きました~~
2006年09月12日 (火) | 編集 |
めちゃめちゃ久しぶりのブログ更新です。

仕事が急に忙しくなり
たまの休日もなぜか元気がでなかったり雨だったり・・・で
ずーーーっと「釣り」に行けてませんでした。
9月に入り
「新子ちゃん情報」を聞いたり
「釣り行かないの~??」ってメールをいただいたり
私ももう限界!!!
ってんで、思い切って先週の土曜日、仕事帰りに出かけました!!!
実はいつでも出撃できるように
「ロッド&リール&エギ」は勿論のこと「タオル」や「お着替え」も車に乗せているのです~(笑)
しかも今日は先日ネフェたんにお借りした
エメラルダスエクストリーム!!!とイグジスト搭載なのだあ!!
ネフェたんもしばらく釣りにいけないとかで
「好きなロッドを持って行きたまえ・・・」と太っ腹発言をしてくださったのを
いいことに(爆)エクストリームを手にした私!!!

「そんな長くて硬いの・・・無理がない??」
って言われたけど
前回かめやさんで触らせてもらったエクストリームが忘れられなくて!!!

うーーん、かなりハードだけど なんとかなるさっ!!
おまけにイグジストも持ってきちゃいましたーーーえへへ。

(実は・・・この竿を選んだのが大正解だったのです!!
この時点では知る由もないのですが・・・・・。)

 
まず最初に いつも行ってたポイントに・・・
ああ何ヶ月ぶりでしょう!?
でもエギンガーさんがいっぱーーい!!
しかも男の人ばーーっかり!!!
いつも思うけど みなさんお友達とか連れの人とエギってらっしゃるんですよね・・・
いーーなーー いーーなーー。
私はいつもながら一人でエギング。

「孤独だーーーーー」

いろんな方向に投げてみても
なーーーーんにも反応なし(ぐすん)
足元を見ても「墨跡」もなさそう・・・。
去年はここでたくさん釣ったのに・・・今年はいないのかなあ・・・
なんだか風も出てきて雨も降りそうな気配・・・
お友達にメールしてもレスがこない・・・
久々の海は心が和むけれど・・・

「私って孤独だーーーーー」

ちがう、ちがうよ、
こんな想いするために来たんじゃないやい!!!
見切りを付けてさっさと移動移動!!!

帰り際、若い(爆)男性二人組みのエギンガーさんに
釣果を見せていただきました。
透き通るような新子ちゃんが三杯!!
やっぱ いることはいるんだ・・・。
いーーなーーー、いーーなーーー。
でもここは藻がいーーーっぱいあるデンジャラスゾーーン
実際ここに私のエギが何個も沈んでるのよっっ
それに私はちびっ子ちゃんはリリースするのよっ
・・と心の中で叫びつつ
某所を後にしました。

次は、去年彗星さんのイカレーダーが発動した
爆釣ポイント・・・

が、しかーーし!!!
さっきのとこよりもっと人がいる!!!
しかも私のポイント(爆)に既にエギンガーがいるではないですか!!!
「ちょーーーっとぉーーーソコどいてくださらなーーい」
などと言えるはずもなく(当然)
少し離れた場所で竿を出します。

いつもはニコヤカに
「こんにちはーーーおとなりいいですかぁ~」なんて
必殺ぶりぶり先制攻撃をしかける私ですが(オイ)
心に余裕がなかったのか
見るからにエギンガーなその方に対抗したかったのか
無言でキャスト!!!

す・・・すると
隣のお兄さんったら
(※サングラスとお帽子で判りませんでしたがおじさんと書いて実は私の方が上だろ
ってことになったらアレなので・・・あえてお兄さんと表記)

ひゅん・・ひゅん、ひゅん、ひゅんっっ

って突然シェイクして「お帰り!!ドシロートがっっ」と言わんばかりの
アピーール キターーーーーー

な・・・なんなのよっ
私だってシェイクくらいできるわよっっ!!
って負けじとロッドを振ってみたものの

・・すん・・・すん、すん・・・

こ・・・これはロッドのせいよっ、この硬いロッドの!!!

と、エクストリームに八つ当たりする私なのでした。

何度かキャストしても ここも全く無反応。
はああ・・・孤独だあ・・・。

こんなにアオリイカが好きなのに。

こんなにアオリイカを愛しているのに。

なんで釣れないの・・・。

誰か・・・誰か・・・

「助けてくださああああいいいい」

♪ひ~とみ~を閉じぃて~

島根半島の中心で愛を叫ぶ。

ああなんて孤独なんだ。

しかもネタも古い。

もういいです。
こんな想いするために来たんじゃないやい!!!
見切りを付けてさっさと移動移動!!!(二回目)

(・・・あ、そのときのエギンガーさん悪気があったわけじゃないのよ
すべて私の未熟さゆえの暴言・・ゆるしてたも。)

最後に選んだポイントは
冬にテナシイカを吊り上げたポイント。
しかもラッキーなことに誰もいなーーーい。
・・・ていうか当然よね、雨がポツリポツリ。
風がひゅーひゅー。

あと10分。
ここでエギングして今日は帰ろう。
いいんだ・・・去年だって初出撃のときはボウズだったもの・・。
海に来れただけでいいんだ・・・。
と、思う反面
向かい風に真っ向から立ち向かう女性エギンガーが唯一人!!
なあんてカッコイイんでしょう・・・うっとり。
(BGMは海のトリトンあたりで・・・古っ)

とりあえずあちこちにキャストして探りを入れます。

投げて、沈めて、シェイクして、巻いて・・・

何度か繰り返すも ここも無反応。
段々激しくなる雨と風。
あれ?風がふいてる時ってどっちにキャストすればいいんだっけ??
ええい、ままよっ!!っと
無謀にも風に向かってキャスト(爆)

これで駄目だったら帰ろう・・・と思って巻き始めた時です。


ぐぐっ!!!

・・・え? この感触・・・でも、まさかあ。

さらに巻いてみます。


・・ぐぐっっっ!!!

見ると茶色い物体が引きずられるように近づいてきます・・・

なあんだあ。「藻」かあ。
しかもあんな大量にからんで・・・。
重いよ、もうっ!!

ぎゅんぎゅううん。

しなるエクストリーム!!!!!

ふと見ると

「藻」が 墨 吐いてるーーーーー!!!

こここ、これは 「藻」じゃない!

ついに あおりキターーーーーー!!!


「きゃーーーどおしよおーーー」 ←釣れた時の私の第一声はいつもこれらしい。

ととと・とりあえず寄せなくてはっ。
と、足元まで慎重に巻いて寄せました。
ここからどうするんだっけ・・・
確か一回壁にあてて墨を吐かせるんだよな・・・って
そんな余裕なーーーい(涙
しかも重くてこんなじゃ竿が折れちゃうよ・・・・

怖いよ怖いよ・・・

誰か、誰か助けてくださーーーい(号泣

が、しかし誰もいるはずもなく。
タモもなく。
頼れるのは私のこの腕のみ。 
意を決して
ゆーーっくり、ゆーーっくり、そして素早く(笑
イカを上げました。
この時ばかりは
エクストリームの硬さに感謝です。
揺れることなく上手く上げることが出来たのですから。

200609091604000.jpg




丘に上がったあおりちゃんは
耳をひらひらさせて
そのお姿といったら
金髪縦ロールの中世の貴婦人がオペラを歌いながら
羽のついた扇をはためかせているような・・・・
(いや・・・そんな人、見たことないケド)
優雅このうえなかったです。

二匹目のどぜう・・・じゃなかった
あおりちゃんを狙って
すぐさま同じ方へキャストしてみたけれど
当りは墨だらけ・・・
丘に上げても一滴も墨をはかなかったから
相当海面に吐きまくったと思われ。

もう釣れる気配はなかったようです。

雨もピークになったし 帰る時刻も近づいたし
そんなことより 待望の「今季初 秋アオリ!!」をゲットしたので
私は大満足でした。
いつものよーにツーショットを携帯で取って
家路に着きました。

そうそう帰り際
「かめや」さんに見せびらかしに・・・・
計量してもらいに行きました。

540グラム、21センチ でした。

いやーーーん!!
私にとって 初500オーバー!!!
凄い、凄いよ、私!!!!


店長さんが
「この時期にしては良型じゃないですかあ」って誉めてくださいました。
お店にいた小学生の男の子も
「あ、アオリイカだ、すげーーー」と。
おじさまも
「あんたが釣ったんかね?凄いねえ」と。

えへへへへ
私って、私ってば、ほんとに凄いんだーーー(馬鹿)

その日の夜は
新鮮すぎる透明なイカのお造りを
おなかいっぱいいただきました。
(食の宝石箱や~~~うふふ! 独り占めっ)

やっぱり イカ釣りは最高に楽しい。
本当に充実した楽しい午後でした。

釣れてくれたあおりちゃん どうもありがとうございました。








200609091605000.jpg